宮崎市民活動センター

このサイトは、宮崎市民の市民活動を支援するポータルサイトです。

ホーム

宮崎市民活動保険のご案内 平成26年4月1日改定

市民の皆さんが、ボランティア活動などの市民活動をしている時に、万一不慮の事故や災害にあった場合、保険金が給付される制度で、保険料を宮崎市が負担しています。傷害保険及び賠償責任保険で構成されています。
宮崎市民もしくは市民活動の本拠が宮崎市内にある方

市民活動保険の対象となる活動
※ 次の条件をすべて充足する活動であることが必要となります。

障害保険
市民活動参加中の事故により、 死亡または後遺障害を被ったり、 負傷した場合に保険金が支払われます。
保険金の種類 傷害内容保険金額 保障金額
死亡保険金  傷害事故(ケガ)を直接の原因として、事故の日を含めて180日以内に死亡した場合 500万円
後遺障害
保険金
 傷害事故(ケガ)を直接の原因として、事故の日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合 一人あたり最高            
     500万円
障害の程度に応じて
入院保険金 傷害事故(ケガ)を直接の原因として、入院または 通院をして医師による治療をうけた場合
(当該事故を含めて180日以内に限ります。ただし、入院日数は180日、通院日数は90日が限度となります)
1日につき     
入院 3,000
通院 2,000

保険の対象とならない主なもの
賠償責任保険

活動者が日本国内において、偶然の事故、過失により他人(第三者の方)にケガをさせたり、他人のものを壊したりして損害を与え、 法律上の損害賠償責任を負った場合、保険金をお支払いします。
賠償の種類 賠償の内容 保険金支払い限度金
対人賠償 他人の身体をケガさせた場合 賠償額の範囲内で
1名につき 1億5,000万円 
1事故につき 1億5,000万円まで
対物賠償 他人の財物を壊して損害を与えてしまった場合 賠償額の範囲内で
1事故につき1,500万円まで

※免責金額(自己負担額)は、対人・対物とも1,000円となります


保険の対象とならない主なもの

宮崎市民活動保険制度のご案内パンフレット
(保険についてのQ&Aはこちらに記載されております)
※平成26年4月1日より適応

Copyright(C)2006 Miyazaki NPO Center All Rights Reserved.